2017年10月20日金曜日

<<第96回勉強会>>


日 時:10月16日(月曜日)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:17名 (受講者12名、サポーター5名)
講  師:岡戸洋祐

 <学習内容>

 「コラージュで作る幻想の大地

 今回から新しいテーマが始まりました。
 色々な要素を貼り合わせて創り上げる絵画的手法の一つとして
 有名なコラージュですが、今回はそれを模して其々がまるで
 関係のない画像を重ねながら、思いがけない作品を生み出します。


1. ベースとなる空を作成
  ・背景となる「空」画像を開く。
  ・この画像を複製し、反転、モードの変更、レイヤーの統合などで
   加工し、ベースの背景を作成。
  ・空と大地を一層深みのある様子にするため「夕焼け」画像を追加。

  ・さらに「雲海」の画像を開き、フィルターの≪モーションぼかし≫と
   ≪ガウスぼかし≫で加工する。
   この作業によって、単純だった「空」の元画像に輝きが加わる。


2. 空に光の玉を追加する
  ・「シャボン玉」画像をレイヤーとして開き、≪ガウスぼかし≫で
   ぼかした後、レイヤーモードを≪オーバーレイ≫に変更。
  ・レイヤーを複製し、反転させて空の部分に光の玉を描く。
   この加工でシャボン玉の画像は背景の中に薄っすらと光を
   放つ役割だった事が分かる。


3.雲間に光を追加
  ・「木漏れ日」画像をレイヤーとして開き、雲の間から強い光が
   放たれているように加工


  これまでに5枚の画像を重ねてきましたが、其々の実体は加工に
  よって変化し、背景の画像に一体となって溶け込んでいます。
  次回は完成に向けて、さらに画像を重ねていきます。
  雄大で幻想的な大地が表現できることでしょう。
  
                   報告 山口淳子

2017年10月9日月曜日

<<第95回勉強会>>

日 時:10月2日(月曜日)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:20名 (受講者16名、サポーター4名)
講  師:山口淳子

 <学習内容>
 「透明感のあるフルーツを描こう」の完成
 7月から5回に亘って取り組んだテーマもようやく完成を
 迎えました。
  
1. 背景を加工する(前回の復習)
  ・フルーツ群の下に明るい青の照明効果をつける。
  ・背景全体に鮮やかさを加える
   ≪明るさ・コントラスト≫の色メニューで調整。
  
2. フルーツ群の下に映り込みを描画
  ・「林檎」「葡萄」「レモン」を複製し、其々反転した後
   下に移動して映り込みのベースを作成
  ・其々にレイヤーマスクを追加し、「黒→透明」の
   グラデーションを掛けて、徐々に薄くなっていく
   映り込みを表現。
3.影を描画する。
  ・其々のフルーツの下にぼかしのかかった楕円を描き、
   色を付けて影を表現する。

4. 「映り込み」と「影」を調整する
  ・「映り込み」をフィルター≪ガウスぼかし≫でぼかし
   「影」レイヤーは不透明度を下げ、柔らかく背景に
   馴染むようにする。
   

.「林檎」に「レモン」の映り込みを描画
  ・隣に置かれたレモンを林檎に映り込ませて完成です。

  レモンの映り込みの不透明度を下げて完成‼

 写真を使わずツールとフィルターだけで仕上げるデジタルアートは、
  自由度が高いので創作意欲を刺激します。
  皆さん独自のイメージでフルーツを描き、美しい背景を作成して
  素敵な作品に仕上げられました。
  苦労した甲斐があったのでは…と思います。
                   報告 山口淳子
~作品集~














2017年10月8日日曜日

<<第94回勉強会>>

日 時:9月27日(水曜日)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:12名 (受講者8名、サポーター4名)
講  師:山口淳子
 <学習内容>
 「透明感のあるフルーツを描こう」レモン編 背景加工編
  
1.「レモン」を作成
  ・レモンの土台となる楕円を描き、「葡萄の粒」や「林檎」と
   同じ方法で色を付けぼかしを掛け等して、立体感のある
   レモンを描画
  ・フィルター≪対話的歪め≫で楕円をレモンの形に整形
  ・明るい色に調整


2. レモンのヘタを描画する
  ・≪矩形選択≫ツールで角の丸い長方形を描き、着色後境界を
   ぼかしてグラデーションを掛け、立体感を出す。
  ・≪回転≫ツール≪移動≫ツール等でレモンの上から覗くような
   位置に調整

3.「林檎」と「葡萄」に葉をつける。    
  ・≪パス≫ツールで「葉」の形になるように曲線を描き、濃い緑で
   塗りつぶす。
  ・質感を出すため「黒→透明」「白→透明」のグラデーション等を
   モードを変えながら、数回かける。
  ・葉に透明感を出すため、不透明度を下げる。
  ・複製して「林檎」と「葡萄」に配置する。

4.  背景を加工する
  ・フルーツ群の下に明るい青の照明効果をつける。
   フルーツの下の背景部分を一部≪楕円選択≫ツールで選択し、
   「明るさ・コントラスト」で加工する。
   ほわっとした柔らかい光が生まれて、「あ~綺麗!」の声が。

     レモンが出来たら完成と思いきや、この後映り込みを描画し影を追加しと、
  まだまだ続きます。
  完成まであと一息(もっと?)頑張らなくてはならないようです。
報告 山口 淳子

2017年9月11日月曜日

<<第93回勉強会>>

日 時:9月4日(月曜日)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:17名 (受講者11名、サポーター6名)
講  師:山口淳子

 <学習内容>
 「透明感のあるフルーツを描こう葡萄編 前回の続きと
 「林檎」の作成です。
  
1. 葡萄の房を描く
  ・前回≪葡萄の粒≫をブラシに登録したので、ブラシツールで
   クリックしながら
房を描いていく。
   皆さん色々なイメージで美味しそうな葡萄を描きました。


2. 茎を描画する
  ・茎にカーブを付けるためパスツールを使って直線を描き、中程を
   クリックして引っ張り丸みをつける。
  ・描画色を茶色に設定し≪パスの境界線を描画≫を実行後、描いた
   線に色を付ける。
   グラデーションを掛け、ガウスぼかしでぼかす等で立体感を付ける
   これで葡萄の本体は完成です。


3.「林檎」の作成
  ・小さな正円を描き暗赤色に塗りつぶして、林檎のベースを作成。


  ・葡萄と同じ方法で林檎に立体感を付け、正円の林檎を≪対話的歪め
   フィルターで林檎らしい形に仕上げる
  ・艶やかさを出すためにハイライトを加え、頂点に≪楕円≫ツールで
   茎のくぼみを描く。


4.  茎を描画する
  ・林檎の茎をブラシツールを使い直線で描く。
  ・これにも立体感を付けるためレイヤーの≪透明保護≫を実行し、白から
   透明のグラデーション
を掛ける。


            
茎を描画して林檎を完成させました
 
美味しい林檎にするための≪対話的歪め≫フィルターは以前から何回か  挑戦しているのですが、
やはり難しい!

  左右が対象にならない歪な林檎も面白いですが、ここはちょっと拘る
  ところかもしれません。
  次回はレモンを描き、林檎とともに葉を付け加えて完成の予定です。
                       報告 山口淳子

2017年8月15日火曜日

<<第92回勉強会>>


日 時:8月7日(月曜日)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:17名 (受講者11名、サポーター6名)
講  師:山口淳子

 <学習内容>
  前回と同じ「透明感のあるフルーツを描こう」葡萄編です。
  今回は印刷する際の仕上がりを考え、復習を兼ねて作成しなおす
  ことにしました。

1. 解像度の変更
  GIMPの初期設定では解像度が72×72ピクセルに設定されています。
  これは作業を多くすると重くなり動きが悪くなるためです。
  但し、このままA4サズ以上で印刷すると画像が荒くなるので、
  今回は300×300ピクセルに上げて作成しました。


2. 背景の作成
  中央から放射状グラデーションを掛けるために、中央に縦横の
  ガイドラインを引き、交わる点からドラッグする方法を学習。 
 
3. 背景に葡萄の粒を作成
   ・小さな正円を描き紫に塗りつぶして、葡萄の粒ベースを作成
   ・立体感を出すため、この素材レイヤーを複製して白く塗りつぶし
    フィルターでぼかす
    重なった部分を少し下にずらす
   ・その後、複製レイヤーのモードを≪微粒結合≫にしてレイヤーの
    統合を実行。
   ・統合した葡萄の粒を、更に立体感が出るように加工する。
   ・上部に光の反射を加え艶やかさを表現する。
    
4.  葡萄の房を描く
   ・前回は≪葡萄の粒≫をスタンプツールでコピーしたが、今回これを
    ブラシに登録した。
    ブラシにしておくと、大きさを変えたり角度を変えたりと、バリエーションを
    楽しむことが出来るため。
   ・コピーした≪葡萄の粒≫をブラシでクリックしながら房を描いていく。
   ・今後葡萄の他に、林檎とレモンを追加していくため、全体のバランスを考え
    ガイドのラインを引く

   今回は後に控えた懇親会に台風の影響が出ることを懸念して、早めに切り上げる
   ことにしました。
   そのため葡萄の完成には至りませんでしたが・・・


   懇親会は何時ものコミュニティサロンにて。
   皆さんが、元気で集まれることに乾杯!
   美味しいお寿司やサンドイッチ等を囲み、雨音を気にしながらではありましたが
   和気藹々、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
   
                  報告者 山口淳子




<<第91回勉強会>>

日 時:7月31日(月曜日)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:19名 (受講者14名、サポーター5名)
講  師:「不思議の国に迷い込んだ少女」   春日昭男 
     「透明感のあるフルーツを描こう」   山口淳子

 <学習内容>
 今回は、前回の続き「不思議の国に迷い込んだ少女」の完成と
「透明感のあるフルーツを描こう」から「葡萄」の作成です。

1.「不思議の国に迷い込んだ少女」の完成。
 ・月あかりを表現するため楕円ツールで正円を描き、白く塗りつぶした後
  フィルターでぼかす。
 ・レイヤーのモードを≪オーバーレイ≫に変更する。
  ≪オーバーレイ≫の効果で下の画像が、月の光を浴びたように明るく変化する。
 ・レイヤーを複製し明るさを調整して完成させました。




オーバーレイにしたレイヤーを少女の顔を照らすように移動して完成

2.「透明感のあるフルーツを描こう」葡萄編
  この作品は写真を使わず、GIMPに備わっているツールやフィルターで作る
  デジタルアートです。


 ①背景に葡萄の粒を作成。
   ・青のグラデーションで背景となる画像を作成。
   ・小さな正円を描き紫に塗りつぶして、葡萄の粒ベースを作成。
   ・立体感を出すため、この素材レイヤーを複製して白く塗りつぶし
    フィルターでぼかす
    重なった部分を少し下にずらす
    その後、複製レイヤーのモードを≪微粒結合≫にしてレイヤーの
    統合
を実行。


   ・光が当たって薄っすら光っている様子を表現するため、統合した。
    葡萄の粒を加工する。
   ・さらに上部に光の反射を加え艶やかさを表現する。
    これらの作業をブレンドツールやフィルターで行いました。

 ②葡萄の房を描く
   ・上記で作成した≪葡萄の粒≫をスタンプツールでコピーする。
   ・コピーした≪葡萄の粒≫をスタンプツールでクリックしながら房を描いていく。

 ③茎を追加する。
   ・パスツールを使ってカーブのある茎を描画
   ・茶色に着色したら、立体感を付ける為ブレンドツールで白から透明の
    グラデーションを掛ける


  「透明感のあるフルーツを描こう」はこの後、林檎とレモンを描画して美しい
  画像を作成する予定です。

                    報告者 山口淳子
~作品集~

2017年7月8日土曜日

<<第90回勉強会>>

日 時:7月6日(金)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:17名 (受講者12、サポーター5名)
講  師:春日昭男

 <学習内容>
今回は、前回の続きで「不思議の国に迷い込んだ少女」と題して三日月に座る少女と取り巻く動物とその他画像を合成する勉強である。
1..合成する画像の追加
 ・前回切り取って保存してあるウサギ画像を合成
 →レイヤーとしてウサギ画像を開き拡大・縮小及び移動ツールを使用して所定の位置に配置。


    →同様に街灯画像を開き拡大・縮小及び移動ツールを使用して所定の位置に配置。
 →ウサギ、街灯画像の下を元画像の草になじませる


2.背景画像の光を調整
 →背景の明るい部分(雲及び山)を選択し着色する。



3.街灯の灯具部分を選択し、明かりが灯っているように着色



4.前回着色したグラデーションを消しゴムツールを使用して部分的に消し明るくする

黒から白へのグラデーションで暗くなってしまった 少女の顔、羊の背中などを消しゴムで消してハイライトを掛けたように。
完成まであと一歩です!



今回で完成させる予定であったが、時間が足りず次回とすることにした。
                                           報告者 春日昭男

2017年7月2日日曜日

<<第89回勉強会>>

日 時:6月19日(月)13:30~16:00
場 所:喜平図書館 第一集会室
参加者:16名 (受講者11名、サポーター5名)
講  師:春日昭男


 <学習内容>
今回は、「不思議の国に迷い込んだ少女」と題して三日月に座る少女と取り巻く動物とその他画像を合成する勉強である。
1.素材画像と背景画像を準備
 ・合成する画像を切り抜いておく
 →ウサギ画像を電脳はさみツールで切り抜き、背景を消去して保存。


 ・背景画像(森の画像)を整える
 →グラデーション(白から黒の放射状)で色あいを整える
 →背景画像の色招請を行う(カラーバランス及び色相・彩度・輝度)


2.メインキャラクター(三日月、少女)の作成
 ・月画像を開き三日月状にし着色する。
 →月画像を開き背景部分を削除する
 →三日月になるように月画像を楕円ツールで切り取る
 →三日月を着色する


 →月に隠れてしまった木の葉を月の前面に出す
 ・少女を三日月に座らせる
 →少女画像を開き、縮小・拡大、移動ツールを使用して座る位置を決める


 ・取り巻きの画像を合成する
 →羊、麦藁帽子、バスケット、林檎画像を開き、縮小・拡大、移動ツールを使用して座る位置を決める
 →羊、バスケット、林檎画像の下を元画像の草になじませる



今回はここまでとし、次回完成させる。
報告者 春日昭男

2017年6月12日月曜日

<<第88回勉強会>>

日  時:6月5日(月) 13:30~16:00
場  所:喜平図書館 第一集会室
参加者 :16名 (受講者11名、サポーター5名)
講  師:行武錦弥
<学習内容>
 
  今回は「宇宙にひまわりを咲かせよう」と云う
 空想世界作りの続きです。
 前回は「背景の宇宙空間、地球、群生するひまわり畑」を
   描くところまで行いました。
・続きです
1.「群生するひまわり」「大きく花開いたひまわり」を
        宇宙空間に適正に配置します。
 ・ひまわり畑のひまわりを「選択切り抜き」を行い、
 ・宇宙空間に咲く如く、「切り抜いた画像」を「拡大・
       縮小」ツール、移動ツールを使い、手前側に配置。


2.地球との間に「雲」の配置を行います。
  ・「夏雲」を自分の立ち位置と地球の間に描いていき
  ます。
  ・レイヤーを、移動ツール、「拡大・縮小」ツール、
  鏡像反転等を行い、夏雲」をひまわり畑後方に再現
  していきます。


3.宇宙船と宇宙ステーションを宇宙空間に配置していき
  ます。
 ・宇宙船と宇宙ステーションが、それぞれ地球の周りを
  回っているように、地球上空の左右に配置します。
 ・「拡大・縮小」ツール、移動ツール、鏡像反転ツールを
  使い 
 ・宇宙空間にくっきり浮かんでいるように「レベル」補正
  ツールを使い、明るさ、コントラストを調整します。

4.最後に宇宙の彼方に「超新星」を作成します。
 ・赤色惑星のような超新星です。


5.元画像:「地球」、「ひまわり畑 2枚」、「雲の有る
  風景」、「宇宙ステーション」、「宇宙船」の6枚の
  画像が合成され「宇宙にひまわりを咲かせよう」作品の
  完成です。
額縁を付けて完成!!

6.ひまわり、宇宙ステーション、宇宙船等を「丁寧な切り

  抜きで選択範囲を作成」することが作品の良否の分かれ
  目です。
 ・選択範囲の周りを「ぼかす」、「拡大・縮小、移動、
  鏡像反転」ツールを駆使、色のレベル補正等を使用
  しました。
 
 ・現実にはない「空想の宇宙空間」を完成せました。

   報告者  行武錦弥
~作品集~





次の三作品は自作塗り絵です